りうろぐ
何気ない毎日をハッピーに♪
ライフスタイル

【玉ねぎの辛みや苦みを取る方法】この切り方を試したら生でも食べられた

玉ねぎ 辛み 取り方

こんばんは~。理卯(@riulog)です。

この前、お隣さんから新玉ねぎのおすそ分けをいただきました。

さっそくサラダにして食べようと思いましたが、気になるのが玉ねぎのあの辛み。

氷水につけたりしてましたが辛い…

他に何かいい方法はないかと探したところ、見つけました!

しかも切り方を工夫するだけ。

この記事では、玉ねぎの辛みや苦みを取る方法を紹介します。

理卯
理卯
これで辛くて苦い玉ねぎを我慢して食べる必要はなくなりますね。

①玉ねぎは繊維を断つように切る

玉ねぎの辛みや苦みを取るポイントは切り方です。

通常、玉ねぎを切るときは繊維に沿って切ることが多いと思いますが、辛みや苦みを取りたい場合は繊維を断つように切ります。

繊維を断つとは玉ねぎを輪切りにするように切るとイメージすると分かりやすいですね。

玉ねぎの辛み 苦みを取る方法

玉ねぎの繊維を断つように薄くスライスします。

この時、なるべく薄くスライスするのがポイント。

玉ねぎの辛み 苦みを取る方法

包丁が苦手ならスライサーを使ってもいいですね。

この方向に切ることで切断面から玉ねぎの辛みや苦みの成分が抜けていきます。

繊維と同じ方向に切ると玉ねぎの辛み成分が閉じ込められるので注意です。

②常温で空気にさらすように放置する

玉ねぎの辛みや苦みの成分は揮発性なので、空気にふれることにより抜けていきます。

なのでスライスしたあとは常温で空気にさらすように放置します。

なるべく重ならないように並べて、最低でも15分以上放置。

玉ねぎの辛み 苦みを取る方法

このとき我が家のキッチンでは玉ねぎのあの独特の香りが充満しました。

ということは、きちんと辛みや苦みの成分が抜けているという証拠ですね。

理卯
理卯
換気扇を全開にしても涙が出てツラかったです。

15分程度放置して、冷しゃぶのトッピングに使用しました。

玉ねぎの辛み 苦みを取る方法

少し辛みは残っていたものの、初めに生で食べたときよりはマイルドになっていましたよ。

もう少し長い時間、空気にさらしていればもっと辛みは抜けたかもしれませんね。

玉ねぎの辛みや苦みを取る方法のまとめ

  • 玉ねぎを切るときは繊維を断つように切る(輪切りのイメージ)
  • 繊維に沿って切ると玉ねぎの辛み成分が閉じ込められるので注意。
  • スライス後はなるべく重ならないように広げ、常温で15分以上放置する。

たったこれだけで辛かった玉ねぎが生で食べやすくなります。

時間に余裕がときにスライスした玉ねぎを1時間ほど放置して、そのあと冷蔵庫で保存すれば食べたいときに食べられますね。

ではでは、今回はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です